2019年の今年も、Sghrの新たなガラス製品が生まれました。
まだ見たことのないガラスの輝き、新たな表情、
もっと暮らしに寄りそう機能、そして、ガラスが持つ無限の可能性。
それらを一心に追い求め、誕生した自信作揃いです。
今月のSghr magazine「日々の暮らし。のよみもの」では、
今月と来月の2回にわたって、
2019年の新作がどのように生まれたのか?
デザインのきっかけや試行錯誤、作り手の想いを映像でご紹介します。
平成最後のSghrの新作。ぜひ、ご堪能ください!

pausa / Mitsuo Akiyama

泡をキレイにみせ、香りをやさしくつつみ、手になじむビールグラスです。口元のカーブとビールの泡のラインが揃ったときの姿は、何とも言えない美しさがあります。ぜひ日々の生活にひといきを。

composition / Kayoko Sugahara

縦模様の入ったガラス器に、手吹きの柔らかなラインのシリンダーを4本入れたセットで、シリンダーにはお花を生けたり、一口のお飲物やソース、ドレッシングを入れたりと、自由な発想でお使いいただけます。

chapeau / Kayoko Sugahara

フランス語で「帽子」の意味を持つシャポーは、香りを閉じ込めたり、蓋に盛り付けをしたり、重ねたり、上下を返してプレートとフードカバーとして、何通りもの使い方をお楽しみいただけます。

Di acqua / Natsumi Okuda

太陽を受けてきらきらゆれる水面をイメージしました。ひとつとして同じ表情のない、水面の一瞬を捉えたようなグラスです。手に取ったとき、飲み物を飲んだとき、光を透して影ができたときなど、様々な表情をお楽しみいただけます。

はるな / Mamoru Tsukamoto

まるで年輪のような模様のフラワーベースで、春の芽吹きのしなやかさを表現しました。ガラスの柔らかさが心地よく、可憐な野花から枝物まで、様々な植物を生けて飾ってみてください。

和ごころ / Toru Era

おはしの国のガラス職人が作った器。この器は、ぜひおはしで使ってもらいたい!そんな想いで作りました。交差したラインが光を取り込み、テーブルの上に映し出す影が、盛り付けたお料理を引き立てます。

billow plate / Takayuki Anjo

英語で「大波」という意味の名の通り、波をガラスで表現した、大きなうねりのあるお皿を作りました。水面に見立てた緩やかな凹凸のある器の上に、お料理やデザートを浮かべてみてはいかがでしょうか。

gray-color

Sghrから新しいカラーの発信です。淡いグレーを基調に、ブルー・フォレストグリーン・インディゴブルーの色ガラスをそれぞれ掛け合わせた、鉢・プレート・グラスをご用意しました。何とも奥深く、そして控えめな表情の器です。

birth / Toru Era

ハンドメイドだからこそできた表情、Sghrだからこそできた表現。職人とガラスの一期一会がぎゅっと詰まったグラスです。カップに施された模様により、ワインがきらりと美しく光ります。

映像 / 構成 / 山根晋
glass
ドリンクグラス
ワイングラス
カクテル・リキュール
コーヒー・ティーカップ
酒グラス
カラフェ・ピッチャー
bowl-plate
プレート
ボウル
スプーン&フォーク
はしおき・カトラリーレスト
スウィーツ
living-item
小物入れ
アイテム
時計
バスグッズ
オーナメント
flower-vase
一輪挿
ベース
jewelry
ネックレス
リング
ピアス
イヤリング
ブレスレット
ブローチ
special
Limited Edition
New Lineup
Gift