わたしの定番ガラス

毎日は、何かを繰り返すことや習慣で成り立っているように思います。顔を洗うことや歯を磨くことなどの些細なことから、するべきことやしたいこと。そうした繰り返すことの折り重なりを、“暮らし”と呼ぶのかもしれません。言わずもがな暮らしをつつがなく、そして楽しく過ごすには、道具や日用品が不可欠。特に理由もなく手に取ってしまうような、わたしの感覚に馴染むものが側にあれば、安心です。たぶんそれが、わたしの定番品と言えそうです。毎日の繰り返しを愛しみ、習慣の実りを運ぶ、暮らしに寄り添う Sghr の定番ガラス。実際に使っている方の声を集めました。

フィフティーズ

わが家ではあらゆる場面で使います。やっぱり、シンプルイズベスト。色違いで数種を持っていますが、お客さんが来た時のお茶出しグラスとしても楽しいですし、一人で使う時もその日の気分によって選んだりしています。あと軽量でたっぷり容量が入るのと、洗う時もスポンジが奥まで入りやすいところが気に入っています。(A・N さん)

ことり

子どもが庭で小さな花を摘むのが好きで、摘んだ花を食卓や棚にさりげなく飾るのに使っています。(M・A さん)

花を入れても入れなくても可愛らしくて、窓辺に置くと光があたって輝き、小さいのに部屋のなかで存在感があります。(N・E さん)

トゥッティー

いつもこの器で、カレーライスを食べています!なんでもない普段の食事を、いかにお洒落に演出するかが、わが家のテーマです。ガラスの器って、サラダやお刺身、パスタくらいのイメージがありますけど、意外といろいろな料理に合います。(M・S さん)

デュオ

料理が趣味になりつつあるんですが、作りながらお酒を呑んでいます。いわゆるキッチンドリンカーと言うやつです。ビールだとお腹がいっぱいになってしまうので、少量の日本酒やウィスキー、たまにジンなんかを呑むのに使っています。適度な重みがあって、持ちやすいです。(S・Y さん)

Sghr magazine の新シリーズ#mysghr では、今後も「わたしの定番ガラス」をご紹介していきます。Instagram の投稿に#mysghr を付けて、エピソードと共に、みなさんの定番ガラスもぜひ教えてください。
次回の#mysghr の記事では(来冬あたりを予定)、みなさんの投稿を再現して撮影し、そのエピソードとともに紹介いたします。
※記事に採用された方には、その旨を Instagram の DM にてご連絡差し上げます。追ってささやかながらの粗品をお送りさせていただきます。

構成 / 文 / 写真 山根晋