あらたな輝き、あらたな表情、あらたな用途、
そして、まだ見ぬガラスの可能性を追い求めて、
今年も、Sghrの新作が生まれました。
今月と来月のSghr magazineでは、2回にわたって、
新作デザインのきっかけや試行錯誤、作り手の想いと共に、
新作が生まれるその瞬間を、映像そして写真記事でお届けします。
創業88周年を迎えたSghrの新作。
ぜひ、お楽しみください!

Movie

nozomi

nozomi

シンプルなグラスの中に、やわらかく流れるような“たまり”をつくりました。見る角度、向きで色合いが変わり、水を注いだときの美しさにもご注目ください。ながく親しまれるようなグラスになることを願って。

kikino

kikino

唎く。感じる。そして、日本を味わう。日本酒の味 幅と楽しみ方の幅の広がりを実感いただきながら、日本酒の美味しさの源である「米生産者」「蔵元」に想いを巡らせ 、日本を感じてほしいという想いから生まれた、お酒のうつわです。

Photo

suu

suu

口元に鈍く光るガラスの新しい表情、その口あたりは唯一無二。ひとつひとつ丁寧に施しています。酒器と一緒に小鉢も合わせて、お酒を飲むひとときをゆっくりと味わってみませんか。

greed

greed

誰も吹けないようなグラスを吹きたい、カッコいいデザインをカタチにしたい、世界に認められるグラスを作りたい、そしてワインをもっともっと美味しく楽しめる器が欲しい!そんな職人の欲を詰め込んだグラスです。日々進化するワインと共に、Sghrのワイングラスの新しさを追い求めました。

ruka

ruka

「花」「緑」「水」。3つの自然をモチーフにした柄を、グラスの底面にあしらいました。無垢なクリアーのグラスと、やわらかくほんのりと色付いたグラス。それぞれの色と柄の美しさを組み合わせてお愉しみください。

tomomi

tomomi

スタイリッシュなフォルムと、ハンドメイドならではの手になじむ感覚が同居した、あたらしいうつわです。タンブラーは、脚の部分を持てば温度変化に敏感なワインも愉しめ、ビールの泡立ちもきれいに見せてくれます。

chips

chips

ポテトチップの様に、薄くて軽い、職人の遊び心が溢れるお皿ができました。模様のラインが光を取り込み、小ぶりながら存在感を放ちます。気軽に、そして軽やかに。盛り付けたお料理やスイーツを引き立てます。

gob

gob

キューブの形から、ゆる〜く面を取ったような、そんなイメージの一輪挿しです。緩やかなカーブが美しく、角度を変えて置くと表情が変わり、活けたお花を様々に美しく見せます。ガラスの中に施された無数の泡は、いつまでも眺めていたくなります。

fuji

fuji

両面が使える、山のような形をしたお皿です。試作を重ねるうちに美しいガラスの表情に出会いました。ダイナミックに、でも繊細に。どのように盛り付けるか、想像を掻き立てるうつわです。

kaya

kaya

菊花紋章のような小さな器は、さりげなさの中にも華やかさを合わせ持つ、ひと際目を引く一品です。手づくりによりひとつずつ、色の模様や口元の凹凸も異なります。深く入ったラインにより輝きを増す、小さな花の器の一期一会をお愉しみください。

mi:tama

mi:tama

器の中にはどんな味が閉じ込められているのか。見えないからこそ研ぎ澄まされる感覚。味を包み込む魂、そんな想像をしながらデザインされた蓋物です。滴の様な洗練された形は美しく、艶消しによるやわらかな表情は、見るものの興味を一層引き付けます。

構成 / 取材 / 映像 / 写真 山根晋