家のなかでも、とりわけ窓辺は、
ぼんやりとした時間を過ごすのに
適した場所のように思います。

窓から入ってくる光や風、匂い。
聞こえてくる音や声。
そこに、普段は見過ごしてしまうような
新鮮な喜びを、思わず発見できるかもしれません。

グラスに入れた飲み物とともに、
ゆっくりとも、のんびりともすこし違う、
ぼんやりとした窓辺の時間なんて、いかがでしょうか。

心地よい温かさ

photo
photo

鳥のさえずりがひびく早朝、一杯の珈琲を淹れて、窓辺で過ごす静かなひと時。温かい珈琲を楽しむために作られたkokochiは、ぼってりとしたフォルムが特徴的なグラスで、たとえば北欧の古い日用品のような、暮らしの道具としての雰囲気があります。まだ夜の冷気が残る窓辺で、心地よい温かさとともに、一日の始まりを。

kokochi / ここち

兵庫県西宮市にお店を構えるゆげ焙煎所さんとのコラボで作られた「ここち」。「透明のグラスに入った珈琲をテーブルに、時々その不思議な形状を眺めつつゆっくりと読書を楽しむ。」そんな景色を想像して生まれました。コクのある深煎りコーヒーを愉しむのが特におすすめです。

贅沢な時間

photo
photo

日も高いうちから、窓の外の緑を眺めながら味わうビール。窓辺で過ごす、贅沢な時間です。その独特の形状ゆえに、ビールを注ぐと驚くほどきれいな泡が立つtomomiは、そんなひと時にこそ使いたいグラス。際立つビールの味わいや香りとともに、美しい形をぼんやりと楽しみながら。

tomomi / トモミ

スタイリッシュなフォルムと、ハンドメイドならではの手になじむ感覚が同居した、あたらしいうつわです。タンブラーは、脚の部分を持てば温度変化に敏感なワインも愉しめ、ビールの泡立ちもきれいに見せてくれます。

花の香り

photo
photo

牛乳とヨーグルトを等分入れて、レモン汁とはちみつを加えれば、簡単ラッシーのできあがり。グラスの底に、花が舞い散る景色があしらわれたdi fioriに注げば、気持ちも華やぐデザートドリンクに。いつものダイニングチェアに腰掛けて、窓から入ってくるやわらかい風に、花の香りを探して。

di fiori / ディ・フィオリ

華やかで柔らかな雰囲気を大切にしながら、花が風に吹かれて咲き散る様子をグラスに込めました。
クリアータイプと、不透明な艶消しタイプの2種類で、異なる景色をお楽しみいただけます。このグラスを使うことで、たくさんの笑顔が咲きますように。

差し込む光

photo
photo

水のように光り輝き、きらめくガラスは、窓辺でこそ美しい表情を見せてくれます。グラスの中の、流れるようなガラスのたまりが特徴的なグラスnozomiもその一つです。窓から差し込む光に遊びながら、フレッシュミントとレモンのソーダを楽しむ。ささやかな喜びは窓辺にありそうです。

nozomi / のぞみ

シンプルなグラスの中に、やわらかく流れるような“たまり”をつくりました。見る角度、向きで色合いが変わり、水を注いだときの美しさにもご注目ください。ながく親しまれるようなグラスになることを願って。

構成 / 文 / 写真 山根晋
撮影ご協力 林 義崇 / tumugiya